headimage

スポンサーリンク

航空機移動を楽しもう

春休みは親子で紀伊半島を眺めよう FDAで南紀白浜空港から遊覧飛行を楽しむ

2021-03-26

うしちゃん
FDAさんから遊覧飛行の商品が発売されたね!
うしちゃん
今回は南紀白浜空港から紀伊半島周辺をぐるっと回るフライトだよ
ひつじが今イチオシの和歌山プランだからぜひとも楽しんでもらいたいね♪
ひつじ

 

 

はやく旅行へ行きたい人!FDAの遊覧飛行プランが発売されました♪


参考:FDA

春休みの思い出として貴重な遊覧飛行で上空から熊野古道を眺めてもらいたいと思います〜概要はこんな感じですよ。

 

【遊覧フライトの概要】
■ 2021 年 4 月 3 日(土)
■ 南紀白浜空港(10:00 集合/11:00 発) → 遊覧フライト → 同空港(12:00 着・解散)
■ 税込 19,800 円
■ 申込方法はメールで必要事項(カナ氏名・性別・年齢・電話番号・住所)を入れて宛先: travel@nsap.co.jpへ送付!!

詳細はこちら〜

ひつじ
ちなみにFDAとはフジドリームエアラインズのことで全機がエンブラエル170/175をカラフルに塗装した主に静岡空港・名古屋空港(小牧)・神戸空港を拠点とした気鋭の航空会社です。

 

エンブラエル170は国内ではJ-AIRとFDAが、エンブラエル175はFDAしか飛ばしていないので貴重な存在だよね

 

今回は和歌山の南紀白浜空港から遊覧飛行チャーター

 

わたしがいつもおすすめをしている和歌山のツアーなのですがポテンシャルがあるのに埋もれてしまっている!もったいない!そう思いいつもお伝えしているのですが世界遺産あり、白浜あり、温泉ありというステキなロケーションです。

 

親子でワーケーションに来てアクティビティのひとつにぜひとも入れていただきたいと思っております!

 

和歌山?とくに興味ない。。という特に関東の方には馴染みがないという声が聞こえてきそうですが百聞は一見にしかず、あーこんないいところがあったのか〜と言っていただけると思います!

 

そして今回はリージョナル機で飛ぶと言うラッキーなフライトですよ♪

 

FDAは全機リージョナルジェットだから遊覧飛行も安心して窓側へ

参考:FDA

 

うしちゃん
リージョナルジェットってなんだい??

 

リージョナルジェットとは、座席数 50~100 程度、航続距離 2,000~3,000 ㎞の小型ジェット旅客機のことをいいます!
ひつじ

 

今回の遊覧飛行のいいところはなんと言っても座席数が少なく通路が真ん中に一本だけで全席窓から2名ずつしか配置されておらず、誰でも外の風景が満遍なく見えることにあります。

 

参考:FDA

 

例えばANAがやっているエアバスA380の遊覧飛行も楽しいとは思うのですがどうしても機体がとっても大きくて真ん中の席や3名掛けのシートは窓から離れていると外が見えづらいし隣が知らない人だと、『外見せてー!!』とは言えませんよね。。

 

小さい飛行機って窮屈そうだしそもそも乗っていて楽しいもんなの?やっぱ大きい方が楽しそう。。そう思っている人は多いかもしれませんね?

 

ダブルバブル構造の客室はリージョナル機とは思えぬ快適さ

 

FDAさんは全機エンブラエル社のERJ-170とERJ-175という機体で運用しているのですが、エンブラエルの面白いところは『ダブルバブル型構造』という室内空間を広くするように作られていてリージョナルジェットとは思えぬ圧迫感を全く感じさせないところがとても素晴らしいんです。

 

この手の飛行機で手荷物などの棚を頭上に配置するとどうしても狭く感じるものですがその課題をなんなくクリアしているのがエンブラエルの素晴らしいところです!

 

そして飛行機は何も大きい飛行機だけがいいとも限りませんよ!リージョナルジェットのような機体でのフライトは大型機と違って上空での動きがダイレクトに感じられるので自分自身が操縦しているような感覚になります。

 

ひつじ
これは乗ってみないと分からないもんですよ〜わたしは初めてリージョナル機に乗って下降が始まった時、『おぉぉぉーーー』って声が出てしまいました 笑

 

そんなに絶叫マシンほどではありませんがフワッと浮いたような楽しさがありました♪

 

FDAも参入する遊覧飛行はなぜ脚光を浴びているのか?

 

近頃はANAやJALもたくさんプランを作って大人気ツアーになっていたりしますよね!特にANAのエアバスA380フライングホヌの遊覧飛行は倍率が100倍とかになっていて全然とれなかったり。。

 

わたしもそんな全く取れないうちの一匹だったりもします(T-T)

 

お正月の初日の出フライトやFDAなら定期的に実施している富士山のチャーターフライトとはちょっと理由が違うんですよね。

 

そもそも最初は大掛かりな整備を避けるためのフェリーフライト

 

これについてはこちらの記事でも紹介しているのですが、1日でもはやく旅行へ行きたい人へ!JAL / ANAの遊覧飛行であなたも海外旅行気分に

 

飛行機というのは一定期間フライトが無い場合は大掛かりな整備を実施しないとなりません。

 

それならば空でも飛ばしてしまえー、さらにはどうせならお客さんも乗せてみようというところからスタートしています。

 

今回はFDAの機体が重整備になってしまうからという理由では無いかもしれませんが、現状海外に飛べない以上は国内でこういったフライトがしばしば企画されていくものと思います!

 

そしてわたしも先日ANAのフライングホヌとJALの台湾気分フライトは両方とも外れました(T-T)結構倍率が高いというのがわたしの感想です。。

 

ひつじは和歌山の可能性を信じている

 

このひつじのサイト内でもしばしばお伝えしている和歌山県は本州の中にあって紀伊半島という少し離れた場所にありながらも付近に空港があってアクセスがしやすいところなのです。

 

若干政治的な要素を感じないでは無いのですがw

 

今は羽田空港から1日3便飛んでおり関東からなら長野や群馬の温泉に入りに行くなら和歌山に飛んでしまった方が早かったりもして真っ白な砂浜の海も目の前にありぜひ一度ワーケーションにも訪れていただきたいのです。

 

その思いを書き連ねた記事はこちらです〜ワーケーションを調べるとなぜ和歌山が大量にヒットするのか?和歌山はWi-Fi天国だった

 

親子でワーケーションに来てFDAの遊覧飛行を楽しみ世界遺産の熊野古道を踏みしめるというステキな旅をぜひ。

スポンサーリンク

-航空機移動を楽しもう

© 2021 ひつじとめぐる冒険 空の旅