headimage

スポンサーリンク

どこでやる?

ワーケーションを調べるとなぜ和歌山が大量にヒットするのか?和歌山はWi-Fi天国だった

2021-02-02

ワーケーションにいざ行こう、ということで調べると『和歌山』というワードが頻繁に出てくるのは

なぜなのか、疑問に思ったことはありませんか?

本当によくサジェストされるんですよ、やたらとよく出てくる自治体、和歌山県。。

そう言う筆者も実は関西に5年住んでいて行ったのは数回程度ですが、断然オススメです。

なぜ和歌山でワーケーションなのか、行ってやるべきことを案内していきたいと思います。

ワーケーションを調べるとなぜ和歌山が大量にヒットするのか?和歌山はWi-Fi天国だった

なぜワーケーションで和歌山か、和歌山はワーケーションをするのに最適なWi-Fi天国だと

いうことです。ワーケーションの大前提としてICT環境は万全で無いとなりません。

街中のWi-Fiなんか危なくて仕事では使えないよと言う方も、だいじょうぶです、

ワーケーション用の施設が十二分に整備されているのが和歌山です。

よく世界を巡りながらワーケーションをするような方だと、いいWi-Fi環境のカフェを探すのに

一日かかってしまったりということがあるのです。

和歌山は自治体を上げてワーケーションの誘致を行っています。

それは熱心というレベルを遥かに越えて情熱の域に達しているような印象です。

そもそもどこからテレワークをはじめるか?というところはこちらをどうぞ↓

注目高まる企業のワーケーション導入の課題はどうしいたら解決できる?当然ながらテレワークからスタートしましょう

とにかくネットワーク整備が行き届いている これに尽きる

通信環境だけで見ればおそらく東京より整っていて通信スピードは都内より早いかもしれない??

人口1000人あたりのWi-Fi整備ランキングは全国で2位、


Wi-Fi充実県ランキング:タウンWiFi 報道資料より

比較的、都市部よりは地方がメインになりやいのですが見えてくるのは観光に注力している

地域だなぁということ。

いざ接続しようと思ったらWi-Fiを捕まえやすい、タイのチェンマイみたいにノマド天国

みたいなところが和歌山であるということです。

高速ブロードバンドの整備率は99%

総務省の調べで全国平均が98.8%で、和歌山は99%。東京都同じ値で山の中でもネットが

通じるということ。

僻地と思われがちですがこれだけネット環境が整備されており、前述の沖縄は98.4%、

愛媛は97.9%と見ても整備が進んでいるのが和歌山だということです。

災害対策から生まれた技術、「NerveNet」

災害時も途切れないネットワークNerveNetが実装されていて、有事の際も安心してネットワークに

接続が可能。

実際に和歌山にサテライトオフィスやワーケーション拠点を構えている企業の多くがICT関連企業で、

有事の際の対策が講じられていることが決め手になったところが多いようです。

なぜこんなに整備されているかと言うと元々紀伊半島は台風の通り道になることが多く災害時の

連絡手段が整備されていっているということでまさに幸い転じて福となすですね。


参考資料:和歌山県HPより

セールスフォース、NECソリューションイノベータとかとかICT系の企業のサテライトオフィス進出が

相次ぎプチシリコンバレー化しているのが面白いです。

ではICT関連の企業以外は無理なのか?というとそうでもなくて、ワーケーションに対応している

施設が多数あるのでこれは是非とも一度和歌山県のワーケーションサイト

ご覧いただければいいと思います。

よくも悪くもアクセスがいい

南紀白浜空港を中心にすべてが回っている

僻地と言えば和歌山県に大変失礼かもしれませんが、それゆえに関空から近い割に和歌山県内には

南紀白浜空港があり、羽田空港と1日3往復も便があるところです。

だいたい多くのワーケーション拠点はここから近くにあり、もし業務上の問題が東京で発生しても

羽田空港へ1時間で飛んでいけてしまうところ!これはリスク管理という部分でもとても大きいです。

だから現状はサテライトオフィスを構えている企業という意味では東京の企業が多いですよね。

また、千葉県と同じで和歌山も紀伊半島という半島性がよくも悪くも作用しているところです。

似てませんか?千葉と和歌山って、、

ワーケーションするのに千葉が選ばれるのはなぜか?アクセスがいい割に非現実感が味わえるから

半島という弱点を強みに変える

日本列島の本州にありながら房総半島、能登半島、紀伊半島、それぞれ素晴らしい半島ですが

正直用事が無いと行かないところです。

閉鎖的というか僻地であるが故にリゾート感がある非現実間が味わえる点もとてもいいですよね。

周辺に観光地も多く、ちょっと足を伸ばせば那智勝浦に那智の滝、熊野古道、高野山を有します。

そうは言われてもよく知らないぞ和歌山、、だって行ったことないし。

そうでしょう、あまり関東の方には馴染みがないのが和歌山、特段用事が無いと行かないのが

和歌山、関東でいえば千葉の房総半島であったりします。

関西や西日本の方には手っ取り早く綺麗な海と自然が楽しめてメシがうまくてシーワールド、

パンダに会えるアドベンチャーワールドなどの観光施設があり、アクセスがよく自然が楽しめるのが

和歌山の素敵なところです。

自治体の熱度が異様に高い

なかなか全国でもここまで自治体が自ら箱から用意してワーケーションやサテライトオフィスを

整備している県は稀ですよね。

前述した通りですが半島性があり人の流入が少ない、台風を克服するためのネットワークの整備を

行う必要があったいうところの弱みを強みに変えていった結果がワーケーションの誘致に

つながったところです。

以前総務省が行っていた「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」がきっかけで

元々は遊休施設だったところにサテライトオフィスを誘致していったのが功を奏したというところ。

その後は三菱地所などがワーケーション専用の施設を構えたり、ICT企業のために施設を

整えていくあたりはなかなかできないことです。正直政治的な空気も多々感じるところでは

ありますが、結論かなりの企業が進出しているのは現実です。

仕事を終えて、パソコンを閉じたらもうそこにはすぐ綺麗な白浜があるというのは強いですよね、

温暖な気候に加えて食事もうまいですからね。

観光地のレベルはとても高い

子供も嬉しいスポットや綺麗な海がすぐに思い浮かびますか?それだけじゃないですよね。

飛行機でサクッと来てこんなに手軽に自然と美味が味わえることはないと思います。

南紀白浜 白良浜


参考出典:南紀白浜観光局

年間平均気温は16.8度と温暖な気候でかつては本州で一番早く海開きされる海水浴場は

白良浜だったようです。

こんなに青くて白い砂浜、異国のような雰囲気の海がすぐ近くにあり温泉もあるのって

パーフェクトすぎませんか?

ちなみに、『白良浜』というのは白浜町にある白良浜という海水浴場の名称が正解のようです。

アドベンチャーワールド

以前ラジオで担当者の方が、上野でパンダを2時間も待って見るなら飛行機で和歌山に

来た方が圧倒的に早いですよとおっしゃってました 笑

空港から近くお子さまと一緒にワーケーションに来られる場合はうれしいですね!

世界文化遺産 熊野古道/高野山

和歌山が世界に誇るキラーコンテンツ熊野古道と高野山。

「熊野三山」、「熊野古道」、「那智の滝」は日本人であれば一度は巡っておきたい観光地。

巡礼の地であって日本の旅の原点とも言える地、トレッキングにはベストですよね。

高野山は真言宗の総本山、弘法大師 空海が開祖した地。

同行二人で有名な四国お遍路の方が有名で、四国にルーツがあると思いきや、

お遍路の最後のミッションはこの和歌山の高野山にお勤めに行くのが本来のお勤めです♪

ちなみに、高野山奥の院には広大なお墓の数々で圧巻、、明智光秀、織田信長、加賀の前田家、

市川団十郎などなど、、近年海外旅行でもパワースポットとして人気のあるお墓巡りも

オススメです。

実はこの熊野古道から高野山も、那智の滝もトレッキングできてしまいます!

ちなみに那智の滝へは上級編とのことで、よ〜く調べてからいきましょう!

スポンサーリンク

-どこでやる?

© 2021 ひつじとめぐる冒険 空の旅