headimage

スポンサーリンク

空港を楽しもう

いまとても空港が面白くなっている理由とは?

2019-05-20

いま日本国内の空港がとても面白くなっているのをご存知でしょうか。

ショッピングは元より、食事に行ったりエクササイズができたりあらゆる体験できてしまうのです。

そんな魅力がたくさん詰まった空港の楽しみ方をお伝えしましょう!

いまとても空港が面白くなっている理由とは?

そもそも空港に行くこと自体が貴重なことかもしれない


空港と聞くとあなたはまず、どんなことを想像しますか?


空港はいつ使うでしょうか?
旅行に行くとき、出張に行くとき、実家への帰省など何かしらの
移動需要があるからだと思います。


普段から大移動の需要がなければかなり利用が限られますよね。


地方なら年に一度気合を入れてディズニーランドへ行ってみたり、
首都圏に住んでいるなら実家のおばあちゃんに会いに行ったりそんなものでしょう。


しかし、逆を言うのであればたまーにしか行かないという方にとって
空港というスポットはとても非現実感が楽しめる場所なのです!


これから商談で行き交うサラリーマンや、明らかに南国へご旅行の家族、
いま海外から日本に降り立ったばかりの観光客等々。


そこに行き交う『ヒト』という側面だけ切り取っても様々なドラマが感じられるのが
空港というものです。


日本は特に鉄道が発達しており、同じことを駅に求めても
あまりにも日常に馴染みすぎているというのも空港を特別に感じさせる要因の一つでしょう。

 

いま空港が面白くなっているワケとは??


そんな空港、全国各地でいまとても面白くなっていってることをご存知でしたか?

まずは、首都圏なら羽田は拡張工事の真っ最中で成田は
第3ターミナルが稼働し始めてより楽しくなりました。


関西においては、関空・伊丹・神戸の3つの空港を関西エアポートという会社が
運営を請け負って盛り上げています。


それぞれオリンピックがあったり万博があったりと、
利用客数が伸びるのだろうということもありますがそもそも違うのです。


そう、本当は空港という場所はそもそも面白い場所だからです。


利用者を楽しませる様々な仕掛けや、アクティビティ、ショッピングや飲食店の数々。


これって実はセキュリティーゲートの外もかなり充実していて、
旅行や仕事で飛行機に乗らない人も楽しめるのです!


お土産売り場には各地の名産品が売っていて、ショッピングするにしても旅行中でも日常でも
案外実用的な商品が売っておりカフェでぼーっとしていればそれはもう、
これから旅行に行くのかな?といった錯覚に陥るかのような感覚になります。


そして何よりも、どの空港にも展望エリアが設置されていて間近であの巨大な
航空機を見ることができます!


国際空港だと本当に色んな国の航空機が飛んでくるので、
この航空機はいまあの国から飛んできたのか…と感慨に浸るものです。


空港は世界一安全な遊園地のようなものだ


ここまで充実している空港って、ただのショッピングモールでは無くただの飲食店街でもなく、
一番近しいものって遊園地ではないかと思います。


親切なサービスにハイクオリティーなごはん屋さんがたくさんあり、
行き届いた清掃に展望フロアでは最高のショー要素が用意されています。


そして何よりも大事なことは、全てにおいて安全第一で全てが考えられているということです。
全てのサービスはこの安全第一の上に成り立っているのです!


これが見えにくいようですが一番大事なことです!なによりも遊園地・テーマパークらしい
というのは、安全第一の上であることが全てです。


普段使いする空港の活用方法


いきなり行って何をするのか?気負う必要はないのです、
入場料だってかかるわけではありませんからね。

まずはそこに行って行き交う人と人の雰囲気を味わうことがとても大事です。

ほら、もう旅行に行ったような感覚になってきたでしょう?

まずは落ち着いてコーヒーでも飲んでみましょう。

スポンサーリンク

-空港を楽しもう

© 2021 ひつじとめぐる冒険 空の旅