headimage

スポンサーリンク

etc.

結局のところWebマーケティングって、かんたんに言うとどういうこと?

うしちゃん
Webマーケティングって言葉は世の中に氾濫してるけど結局どゆこと?

 

TwitterとかでWebマーケやってますみたいな人は本当に増えたよね。
ひつじ

 

なんでもかんでもWebマーケティングって言われるゆえんをわかりやすく説明するよ〜
ひつじ

結局のところWebマーケティングってなにか?

 

要するには全部のことです

 

結論!Webマーケティングとは??

インターネットを利用してWebサイトを中心に行うマーケティング活動

 

というように定義されております。

 

今回は全体的に竹谷力さんのジッセン!という動画での講義を元に解説していきますよ〜。

 

ひつじ
竹谷先生の動画めっちゃわかりやすかったので、ここでの学びを残しておきます

 

今回はこの『Webマーケティング』という単語について考えます

 

ひつじは最近Web広告という仕事に出戻り改めて感じたことを、Web広告という視点で掘り下げていきます。

 

うしちゃん
Webサイトを中心に行うマーケティング活動って言われてもねぇ

 

これから就活や転職、実務でWebの業務を代理店に委託することを検討している方に参考にしてもらえれば!

 

全部ひっくるめてWebマーケティングだからわからない

ひつじは15年前にWeb広告業界でキャリアをスタートした際にはここまで多岐にわたる仕事はしていなかったのです。

 

ひつじ
強いて言えば広告運用とSEOやりましょうか〜ぐらいのものでしたよ

 

ひとまとめにしてWebマーケティングと言いはじめたのは、最近のことではないかなと推測します。

 

Web広告営業なのにそこまで覚えるの?という情報量

 

ひつじ
研修の冒頭が『Webマーケティングとは?』で膨大な学習範囲でした(T_T)

 

現状はWeb広告というのもWebマーケティングの一部で集客施策の一つ、時代は変わり把握するのがかなり困難でした。

 

そもそも広範囲にわたる業務であること

 

Webマーケティングという言葉の先には膨大な守備範囲と専門性が必要です。

 

例えばSEO(検索エンジン最適化)というカテゴリーだけでも世の中に無数の書籍とWeb上のコンテンツがあるでしょう。。

 

会社でWebマーケティング担当に抜擢!!といっても致死量的な守備範囲になるので役割はしっかり決めてあげましょう。。

 

ちなみにひつじは広告主から『Webマーケ担当になったのですが何からはじめていいかわかりません。。』という迷える子羊の担当者に会うこともしばしば。

 

うしちゃん
いやいやさすがにそれは言い過ぎでしょ??

 

ホントだよ、どれだけ広くて深いのか教えてあげよう!
ひつじ

 

具体的にはどんな施策がはいるのか

 

一つ一つ掘り下げていくと沼にハマってしまいますので、ひとまず概要を一部抜粋でご紹介!

 

集客 →  接客 →  成果 →  リピート施策の順にどんなタスクがあるのかお伝えしよう。

 

集客

 

1番みなさんが接点が多く馴染み深いのが集客施策であって、迷子になりやすく工数もかかるので大変。

 

大きく分けるとWeb広告・SEO・SNSの3つに分けられます。

 

①Web広告

代表的なのはリスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告・動画広告・アフィリエイト広告。

 

ひつじの仕事はSNS広告というカテゴリーなのですが、Web広告ひとつとってもこれだけあるのです。

 

②SEO

Search Engine Optimizationの略で日本語にすると検索エンジン最適化ということです。

要はGoogleやYahoo!の検索順位を上げるための施策で、検索からの流入を図る施策。

 

ググったときに上に表示されたらクリックしますよね?アレですよ。

 

③SNS

Social Networking Serviceの略。みんな大好きソーシャルネットワーク、Instagram、Twitter、Facebook、LINE等々。

 

なぜ企業がSNSを積極的に活用するのかというと、SNSが自社HPへの流入起点となっているからです。

 

接客

 

検索エンジンや広告から入ってきたユーザーをWebサイト内でどのようにおもてなしするのか?これが Webマーケティングにおける接客。

 

①UI / UX Webサイト制作

例えばWordPressを使って企業の公式サイトを作ったり、ECサイト(Webショップのこと)を構築したり、または何かのアプリケーションを制作してリリースしたり。

 

これらも販売や集客・ブランディングを目的にしているもので、Webマーケティングの大きな要素の一つです。

 

UI(ユーザーインターフェース)はひとまず使いやすいサイトか?と考えておくと接客という意味は分かりやすいかも。

 

②LPO

Landing Page Optimizationの略でランディングページ最適化、そもそもランディングページとは検索や広告経由で流入したユーザーが最初にたどり着くあのなが〜いページのこと。

 

あらゆる情報が網羅されていて、申し込みを促すためのキャンペーンページであることが多いですよね。

 

そのランディングページでどうしたらユーザーは申込みへ進んでもらえるか?改善していくのがLPOという仕事。

 

③EFO

Entry Form Optimizationの略でエントリーフォーム最適化のこと。

ランニングページから遷移した後エントリーフォームでどうしたら入力しやすく最後までやり切ってもらえるかの改善活動。

 

入力している最中にアラートを出してくれたり、最後に未入力箇所があります!みたいな警告出してくれる機能ありますよね?あれです。

 

成果

どのぐらいの人がWebサイトに訪れて購入や予約などの成果に結びついたのか?

 

Webマーケティングが面白いのは全て数字となって出てくるところ、可視化できるところにあります。

 

①Googleアナリティクス

Webサイトの解析ツールでありほとんどの機能が無償で使うかことが可能です!Webマーケティングを展開している企業の8割ほどはこちらのツールを導入しています。

 

Webサイトの外側からどのようにユーザーが訪れたのか?を見るためのツールで無償で十分な機能なのでまずは使ってみることをおすすめします。

 

②ユーザー行動観察

こちらはユーザーがサイト内でどのように動いているか、何に目が止まっているかを判断するための活動。

 

先ほどのGoogleアナリティクスでも一部はわかりますし、また実際に調査員がスマホやPCを使っている人を観察する調査方法もあります。

 

数字で見ただけでは分からない視点の流れや迷いなどが把握できたりもする。

 

③タグマネージメント

 

掲載媒体から発行されたタグ(htmlコードのこと)がしっかり広告主のサイトに入っていないとそもそも効果計測や検証ができません!

 

このタグが近年複雑になり過ぎておりマネジメントすることが困難ですがひとまずGoogleタグマネージャを使うことが主流。

 

だいたいどのサイトにも対応しており少し知識が必要ですが、、ちなみにタグが反応していることをなぜか『発火』していると言います 笑

 

リピート施策

 

成果に結び付いたのなら次はどのようにリピートしてもらうか?もっといいお客様になっていただくにはどうしたらいいか?

 

ここもWebならではの動きがおもしろいですよ〜。

 

①SNS活用

買っていただいたお客様によりファンになっていただくには??SNSの出番です!どのようにコミュニケーションをとるかはこのSNSが得意。

 

SNS内でコミュニケーションをとって商品開発したものは今ではD2Cというようにカテゴライズしたり。

 

無視できない存在となっていますね。

 

②リターゲティング広告

 

本来は一度自社のWebサイトに訪れて離脱してしまったユーザーに対して再来訪を促す広告、通称『リタゲ』です。

 

でもリピーターだった場合は前者のユーザーとは異なり新規登録などの手間は省けて、買ってもらえる確率は高いのです。

 

③ポイント付与

 

みんな大好きポイント付与!!ポイントは世の中に溢れていますよね〜Tポイント、楽天ポイント、ビックポイント、ポンタポイント、、、

 

大きくは①顧客の離脱回避②コミュニケーションツール③顧客情報の収集が目的で、Web化されてからはもはや情報ツールです。

 

ひつじ
ちなみにひつじも楽天経済圏の恩恵を受けております♪

 

具体的にとはいえWebマーケティングってまとめすぎないか

さてこれらの具体的なWebマーケティングに関わる活動も本当に広くて、一つ一つを掘り下げると深いのです。

 

そして『仕事』というフィルターを通してみると、全てはつながっているので美味しい側面があります。

 

細かく伝えるとみんなわからない

上述の業務はまだ一部抜粋で他にもまだまだたくさんすることはあります。

 

ひつじ
例えば『当社ではWebサイトのLPOとユーザー行動観察を専門にしてます』と言われると?

 

なんかWebサイト屋さんなのかな?ぐらいしか分からないね
うしちゃん

 

ひつじ
そうなると分かりやすく『当社ではWebマーケティングをしています!』となる

 

ひつじ
あぁなんだかキラキラしたステキな会社なのかな?と思わせることができるね

 

ひとつの仕事がそれぞに紐づいてることが多い

そしてひつじがやりとりしている代理店はどこも横断的に業務を扱っていました。

 

例えばWeb広告を起点に仕事を引き受けると、先ほどあげた内容に加えてまずはクリエイティブ制作が必須です。

 

クリエイティブとは動画や静止画などみなさんの目に見える画像等、外注か自社制作します。

 

さらにリスティング広告以外の広告経由だと潜在ユーザーが大半なので、顕在ユーザーはSEO対策もしないとお客さんは来てくれません。

 

ひつじ
ということで全部つながっていて、全部がおカネになるのですね♪

 

①Web広告を受注する

     ↓

②クリエイティブ制作

     ↓

③SEOもしないと

     ↓

④SNS運用も代行しましょうか?

 

カモネギみたいな広告主は世の中に多いから、Webマーケティングという便利な言葉が存在しているのかなとひつじは思っています。

 

まとめ

今回は結局のところWebマーケティングってなんだ?でした。

 

インターネットを利用してWebサイトを中心に行うマーケティング活動であるが答えです。

 

  • 集客 Web広告・SEO・
  • 接客 UI/UX
  • 成果 Googleアナリティクス
  • 再来訪 リターゲティング・ポイント付与等

これらすべてWebマーケティングであって全てはつながっており、広くて深いということです。

 

今後はそれぞれのことや仕事で学んだアウトプットをしていくので、ぜひともこちらのブログへ寄っていただけるとうれしいです。

 

ひつじ
それではっ

-etc.

© 2022 ひつじとめぐる冒険 空の旅